北島二大観光地 - ワイトモ・ロトルア
ワイトモ鍾乳洞
  ワイトモ鍾乳洞のある「ワイトモ」は、ワイカト地方にあり、鍾乳洞そのものも見ごたえのあるすばらしいものですが、この鍾乳洞の特徴は他でもなく、日本では通称「土ボタル」と言われる虫が、洞窟のある一帯に一面に生息している事です。なぜこの昆虫が生息していて有名なのかと言いますと、名前の通り、光る昆虫だからです。正式名称は「ヒカリキノコバエ」と言うのですが、青白く光るこの幼虫が、真っ暗な洞窟の壁から天井一面に広がり、まるで夜空を見ているかのような景色が、ご覧頂けます。
  鍾乳洞ツアーの後半では、真っ暗な水の浸かった洞窟を船で進んで、夜空のような景色を見ながら出口まで移動します。ですので、真っ暗闇でも安全に、土ボタルの「夜空」を鑑賞いただけます。

ロトルア
  ロトルアは、マオリの聖地。大きな火山の火口の中そのものが、ロトルア。火口の真ん中にはロトルア湖があり、そのまた中心には、マオリの神話が伝えられる「モコイア島」があります。そんな場所なので、今でも温泉がそこらじゅうで湧いています。いくつかのツアーでも訪れる「テプイア」では、地面の底から湧いて出ているさまざまな温泉と、間欠泉がご覧頂けます。またマオリの聖地でもあるので、マオリの集会場「マラエ」でのパフォーマンスも、ご覧頂けます。また、ロトルア湖畔や古い政府の建物であった「ガバメントガーデン」なども、ご覧いただけるツアーがあります。更に、この周辺で一番高い山「ノンゴタハ」山の中腹にあるレストランからの眺望は、ロトルアが一望出来て最高です。
北島の中心よりちょっと上の地域。 A: オークランド / B: ワイトモ / C: ロトルア

大きな地図で見る

どんなツアーがあるの?
  ホビット村を含めたツアーやワイトモだけのツアー等、色々あります。またロトルアでは、温泉に入るツアーもありますので、お好きなツアーをお選び下さい。

ワイトモ・ロトルアに行くツアー
1.ワイトモ・ホビトン 1日観光 (英語ツアー) お申込み
玄関「ワイトモ」と「ホビット」にも行っちゃう欲張りツアー。ニュージーランドの有名旅行会社「グレートサイツ」が運行する、お得なツアー。いろんな国の旅行者と、大型バスで行きます。お昼は車内にてお弁当(ピクニックランチ)となりますが、モーニングティーも付きます。こちらは唯一、ロトルア下車も出来るツアーです。
2.ワイトモ・ホビトン 1日観光 (日本語ガイドツアー)お申込み
玄関上記のツアーの日本語バージョン。日本語ガイドがバスに同乗します。
3.ワイトモ・ロトルア1日観光(日本語ガイドツアー) お申込み
テプイア間欠泉日本人の運転手兼ガイドがご案内する、ワイトモ・ロトルアの両方に行くツアー。参加される方は、ほとんど日本人のお客様。基本的に大勢ではなく、ベテランガイドが丁寧にご案内いたします。お昼は展望レストランで、
4.ワイトモ・ロトルア1日観光 (日本語テープ案内ツアー) お申込み
ワイトモ・ロトルア基本的に大型車で回るツアー。車中のご案内は、日本語のテープでのご案内ですでの、ヘッドフォンを付けて車窓をご覧頂きます。観光箇所では、日本語のご説明をお配りいたします。お昼は、車中でお召し上がりいただきます。ロトルアではファームショーと地熱地帯の見学があります。
5.ワイトモ・ロトルア1日観光 温泉付き(日本語テープ案内ツアー) お申込み
ワイトモ・ロトルア基本的に大型車で回るツアー。車中のご案内は、日本語のテープでのご案内ですでの、ヘッドフォンを付けて車窓をご覧頂きます。観光箇所では、日本語のご説明をお配りいたします。お昼は、車中でお召し上がりいただきます。ロトルアでは、温泉入浴(約1時間)と地熱地帯の見学があります。
6.ワイトモ1日観光 日本語ガイド付き お申込み
ワイトモ鍾乳洞基本的に大型車で巡るツアー。ご昼食は、ワイトモの有名レストランでバーベキューとなります。他の国の人も一緒に参加します。
7.ワイトモ1日観光 日本語ガイド付き お申込み
ワイトモ鍾乳洞こちらは6番と異なり、日本人運転手兼ガイドがご案内するツアーで、ご参加のお客様は、ほとんどが日本の方となります。小回りの利く、丁寧なご案内が、一押しです。
8.ロトルア1日観光 日本語ガイド付き お申込み
テプイア マラエ日本人運転手兼ガイドがご案内するツアーで、ご参加の方はは、ほとんどが日本のお客様となります。ロトルアの主要箇所を押さえたツアーです。昼食は展望レストランでお召し上がりいただきます。
9.ロトルア1日観光 温泉付き日本語ガイド付き お申込み
ロトルア 温泉日本人運転手兼ガイドがご案内するツアーで、ご参加の方はは、ほとんどが日本のお客様となります。温泉にも行けて、一石二鳥です。(温泉では水着が必要となります)。また、昼食は展望レストランでお召し上がりいただきます。