クライストチャーチ都市情報

クライストチャーチ都市情報

空港
国際線ご利用のお客様は、飛行機の中で入国カードが配られるので、到着までに記入される事をお勧め致します。入国審査は、記入漏れ等がない限りそれほど厳しくありません。入国審査のカウンターで、パスポート、入国カードを提出していただきます。入国審査の後 'Baggege Claim' の表示を目印に、ご自身のお荷物をお引取り下さい。
税関、検疫の検査では、肉や淡水魚の持込は不可、乳製品や海水魚は検疫の対象となります。また、土がついたものは持込が強く制限されており、持込が出来ない場合もありますのでご注意下さい。申告を怠ったり、虚偽の申告をした場合、その場で罰金が科せられますのでご注意下さい。
ニュージーランド入国時免税範囲
タバコ(17歳以上に適用) 200本まで、葉巻は50本、パイプたばこは250g
酒類(17歳以上に適用) ビール又はワインが4.5リットル、リキュールは1,125リットル以内
その他 毛皮を含む衣類、カメラ(ビデオカメラ)1台と適量のフィルム
上記以外 合計金額NZD700相当額まで
上記の免税範囲を超えるものは申告が必要となります。
ホテル
クライストチャーチでホテルに滞在される場合、日本と違って用意されているアメニティーが随分異なります。 日本のホテルや旅館であたりまえのように用意されているものは、外国では用意されていないことが多いです。 たとえば、歯ブラシと歯みがき粉、髭剃り、くし、スリッパ、浴衣、日本茶のティーバックが殆どのホテルにはありません。 必要な方は忘れずにご持参下さい。 タオルとバスタオルはお部屋に備え付けがあります。 また、変圧器やプラグもホテルによっては1〜2個ほど用意しているところもありますが、あっても貸し出し中で借りられなかったりする場合がありますので、絶対必需品という方はご持参下さい。 特に、プラグを忘れる方が多いようです。 アイロンは、お部屋に備え付けだったりフロントにお願いすれば貸し出しサービスが殆どのホテルにあります。また一階はG階と表示されます。ホテルの水道水は、基本的に飲んでも大丈夫です。
クライストチャーチの街
クライストチャーチの街は、バスを利用しなくても歩いてまわれる、ショッピングにも最適なコンパクトな街です。 しかし、日本のようにコンビニがあちらこちらにあるということはありません。その他には、サウスシティモール呼ばれる大型ショッピングモールがありスーパーなどがありますので、なにか忘れ物をしたときや、果物やドリンク、パンなどを購入したい時にご利用下さい。クライストチャーチのシンボル、大聖堂のすぐそばにショッピングを楽しんでいただける免税店、お土産店などがあります。総合免税店には、ブランド品など、お土産店ではニュージーランドの特産品などがあります。免税店や市内のお土産店は22時から23時頃まで開いているので、食事のあとでもゆっくりお買い物ができます。
気候について
乾燥にご注意!
クライストチャーチのお天気で特徴的なことは、その乾燥した空気でしょう。
1日に四季があるとよく言われ、夏でも朝・晩は冷え込むと言われますが、湿度の低さが肌寒さを感じさせているのでしょう。
冬でも気温はめったにマイナス(零下)にならない温暖な気候で、雪も市内には降りませんが、高い湿度になれた日本人には、乾燥した風が冷たく感じます。
夏でも30度を超える天気はめったにありませんし、同じく空気が乾燥しているので日陰に入れば過ごしやすくなります。女性だけでなく、男性もお肌の乾燥には十分ご注意を。水分を十分補給することを、お勧めします。(ただし、乾燥しているとビールがおいしいので、飲みすぎにもご注意を。)また紫外線が非常に強く(一説には日本の8倍とも言われています。)あっとゆうまに日に焼けます。肌の弱い方は日焼け止めをお忘れなく。サングラスがあるとなお便利です。
一日に四季があります。
前述しましたが、一日のなかに四季があるともいわれ、日中は暖かくても、朝晩は冷え込むことがあり、服装には注意が必要です。
日本とは四季が逆。南半球にあるニュージーランドでは日本とは季節が逆です。
春:9月から11月、夏:12月から2月、秋:3月から5月、冬:6月から8月。
クライストチャーチの月別 平均最高気温(℃)と平均最低気温(℃)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
最高 20 18 17 14 10 8 7 9 12 13 15 17
最低 15 14 13 10 6 5 4 6 7 10 11 14
クライストチャーチの月別 降雨日数と月間降雨量(mm)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
雨量 42 39 54 54 56 66 79 69 47 53 44 49
日数 6 6 6 7 7 9 9 8 7 7 7 7
服装
服装については、先のツアー編でも少しふれましたが、オプショナルツアーに参加する場合は、ラフな格好で大丈夫です。レストランは正装する必要はありませんが、男性のかたは特に、長ズボン(綿のスラックスかジーンズ)とポロシャツくらいの服装でお出掛け下さい。また、一部のオプショナルツアーでも長ズボンの方が良いツアーがありますので、1枚あると便利です。 また、車内、船内と外の気温差がある場合があるので、半袖だけでは寒い場合があります。長袖の羽織るものを1枚もってくることをおすすめします。 クライストチャーチでゴルフをされる予定のある方は、必ずポロシャツ(襟付き)、スラックスをお持ち下さい。
日本から持っていくと便利なもの
日焼け止めクリーム、帽子、サングラスニュージーランドは紫外線が強いので日中は必需品です。現地でも調達可能ですが肌の敏感な方は自分の肌にあったものを持参頂く事をお勧めします。
カメラ ・ ビデオ思い出の記念には欠かせないアイテム!特殊な電池を使用する場合、ニュージーランドでは購入できない場合がありますので、必ず予備を持参して下さい。使い捨てカメラはクライストチャ-チでも購入可能です。ビデオを持参される場合はチャージャーセットとニュージーランドにあったプラグを必ずお持ち下さい。(240V未対応のチャージャーをお使いの方は変圧器をご持参下さい)
長袖の羽織るものクライストチャーチでは昼と夜の気温差が大きいため、昼間は半袖半ズボンで快適でも夜になり冷え込むことがありますので、夏場でも一枚薄い長袖をお持ち頂く事をお勧めします。特に夜のツアーに参加される方はご考慮下さい
長ズボン大自然でのツアー、夜のツアーは特に長ズボンの方がいい場合が多いです。夏場でも夜になり冷え込むことがあります。
常備薬、海外傷害旅行保険異国の旅先では何が起こるかわかりませんので、常備薬の携帯をお勧めします。現地でも購入できますが(薬により医師の診断書が必要です)日本人には強すぎる場合がありますので飲みなれた日本製のものの携帯をお勧めします。また、万が一病気になってしまった場合でも海外障害旅行保険に加入していればキャッシュレス(お金を払わなくても良い)で医師の診断を受けることが出来ますので、念のための加入をお勧めします。
ショッピング
売れてるお土産!
プロポリス関連商品
ショッピングイメージ相変わらずの根強い人気です。蜂がその幼虫を守るために作り出す天然の抗生物質といわれるプロポリス。風邪、喉の痛み、口内炎、歯痛、切り傷、やけどの治療、消化器などの働きを助ける健康維持も効能としてあげられています。
お土産は宅配で!身軽に帰国
選りすぐったニュージーランド製のお土産をお届けします。 お申し込みはニュージーランドで。 受け取りは日本ですから、手ぶらで帰れます。 お支払いも日本へ帰国してから。手持ち現金がなくてもOK。 お土産を送る相手に直接宅配も可など便利な仕組みです。
免税品
オパールショップ、専門店、免税品などで、免税品を購入される場合、ショッピングカードが必要です。
クライストチャーチのショッピングスポット
大聖堂広場
大聖堂広場周りには免税店、お土産店が集まっています。
シティーモール
大聖堂の南側の商店街です。ここは街の中心で歩行者天国になっており地元のショッピング街になっています。
営業時間にご注意
通常の商店の営業は平日10時から17時頃までです。
週に一度、金曜日または木曜日などに営業時間を21時頃まで延長するレートナイトショッピングを行っていますが、地区により曜日が異なったりします。 街の中心では、土日はほとんど営業していません、週末の営業時間には十分ご注意を。一部スーパーマーケットは深夜営業をしているものもあります。
銀行は平日9時から16時、土、日、祭日は休業です。