ミルフォードサウンドに行こう!
ミルフォードサウンドって?
 もちろん、ミルフォードは土地の名前ですが、サウンドってなんでしょう・・・?。「音?」「健全?」、それとも、「・・・な感じ?(sound like)」。中学・高校で習ってきた英語の意味では、この程度でしょうが、実はもう一つ「入り江」と言う意味があります。ですが、「入り江」は総称してサウンドです。初めてここに入った人が、まさか氷河によって削られた入り江だとは分からず、サウンドと名づけてしまいました。ですが本当は、氷河によって侵食された場所なのです。もちろん皆さん、氷河で侵食された「入り江」の呼び方は、ご存知ですよね?。そう、フィヨルドです。ですので本来ここは、ミルフォードフィヨルドでなければならないのですが、まぁ、昔の過ちが転じてこの名前が使われ、今では世界でも有名な世界遺産になりました。 と言うことでフィヨルドは、ノルウェーだけではなく、ここニュージーランドでもご覧いただけるのです!

ミルフォードサウンドってどこ?
地図Bの地点の入り江が、ミルフォードサウンド。 Aの地点が、クイーンズタウン。直線距離では100kmちょっとですが、最短の陸路は、地図の通り。クイーンズタウンからは片道約300kmあります。

大きな地図で見る

見所!
 世界遺産に指定されている、ミルフォードサウンドを含む「テ・ワヒポウナム」。中でもミルフォードサウンドのある「フィヨルドランド国立公園」は、まだまだ未開の地。日本の国立公園とか世界遺産とか、そんなレベルじゃありません。大自然が果てしなく広がって、道中全てが景勝地。
  • ・リマーカブル山脈 - クイーンズタウン出発後、カワラウ川を越えて直ぐ左手にある山脈。左手の険しい山肌が迫るように、そびえ立っています。
  • ・テアナウ - 休憩スポット。テアナウ湖畔から眺める山々は、とても美しい景色。
  • ・ノブズフラット - 氷河に削られた広大な平原。タソックが茂り、黄色と青と緑のコントラストに、絶句。
  • ・ミラーレイクス - 比較的風がないこの場所は、湖の表面に波が立たず、鏡のように景色を映し出しています。
  • ・ホーマートンネル - ここまで来ると、険しく荒々しい山の岩肌が、直ぐそこまで迫ります。
  • ・トンネルを越えると、また景色が一変し、緑が茂る谷が見渡せます。高くそびえ立つ山間の急な下り坂を、駆け下ります。
  • ・キャズム - 雪解け水が、狭い谷間を急激に流れる場所。不思議な岩の造形を見ることが出来ます。
  • ・ミルフォードサウンド - 最終目的地である、フィヨルド。クルーズを楽しみながら、フィヨルドを堪能して下さい。イルカやオットセイなども、ご覧いただけることがあります。
  と、以上有名どころですが、とにかくクイーンズタウンからミルフォードサウンドまで、窓から目が離せないでしょう!

どんなツアーがあるの?
 世界遺産に指定されている、ミルフォードサウンドを含む「テ・ワヒポウナム」。中でもミルフォードサウンドのある「フィヨルドランド国立公園」は、まだまだ未開の地。日本の国立公園とか世界遺産とか、そんなレベルじゃありません。大自然が果てしなく広がって、道中全てが景勝地。

美しい景色を堪能して、ゆったりした旅をするなら、こちら!

Real Journeys 一押し!リアルジャーニーズ
ミルフォードサウンドクルーズ1日観光
往復パノラマバス利用お申込み
リアルジャーニーズだけの、パノラマバス。折角の景色を、存分に堪能していただけるように用意した特注バス。後部に行くほど、座席が高い位置になり、全座席が、若干外側を向いた作りとなっています。しかも、日本語ガイド付きで、安心です。
パノラマバス パノラマバス パノラマバス
往路パノラマバス / 帰路飛行機利用お申込み
片道300kmもの道のりが掛かるので、帰りは別の景色を見たいという方は、是非、セスナでお帰り下さい。フィヨルドランドの壮大な景色を眼下にしながら、バスよりも3時間近く早くクイーンズタウンに到着できるので、午後の時間を有効に使えます。飛行機には、日本語ガイドが付きません。
セスナ セスナ セスナ
往復飛行機利用お申込み
もちろん、クイーンズタウンからの往路も復路も、飛行機をご利用いただけます。ですがご注意! 飛行機の出発時間が、バスの出発時間より遅いので、天候が悪くて飛行機が飛ばなかったりすると、その日はミルフォードサウンドに行く事が出来なくなってしまいます。
ですので、滞在期間に余裕のない方は、こちらをお勧め出来ません。一番良いのは、行きがバスで帰りが飛行機の組合せです。
標高が高いところではありませんが、険しい山・谷の多い場所ですので、天候も不安定。特に冬場はご注意下さい。
その他 お問合せ
もちろん、テ・アナウから出発するツアーもあります。テ・アナウ発クイーンズタウン着やその逆もあり!テ・アナウご滞在を計画される方は、是非こちらもご検討下さい。テ・アナウに1泊するだけで、ミルフォードサウンドツアーと合わせて、ミルフォードトラックのお試しハイキングも出来ちゃいます。
ランチ(昼食)オプション
おすすめ!和食弁当
和食一例事前お申込みで、クルーズ船内のお座席にご用意。クルーズ船内の座席は、基本自由席ですので、和食のお弁当をお申込み頂ければ、ゆっくりお召し上がりいただけます。前日までのお申込みが必要となります。当日のお申込みは出来ません。
食べホーダイ!バッフェランチ
バッフェ一例とにかく沢山食べたい人はこちら。バッフェラインは船の地下一階(水面下)になります。当日お申込み頂けますが、当日の上限の人数に達した場合は、お申込みをお断りする事が御座います。
簡単に!ピクニックランチ
ピクニック一例簡単に済ませて、写真撮影や景色の鑑賞に没頭したい方はこちら。こちらも、前日までのお申込みが必要となります。
ご注意
メニューによっては、当日のお申込みも可能ですが、数に限りがありますので、ツアーお申込みの際に、合わせてお申込み下さい。お申込み後の変更も可能です。但しご変更のご依頼は、参加日の前日までで、弊社の営業日に限ります。
この他にも、船内売店にて、ピクニックランチ・スナック類・マフィン類・お飲み物・酒類などを販売しておりますが、こちらも数に限りが御座います。
船内は全て自由席ですが、和食弁当をお申込み頂いた方のみ、ご席をご用意しております(団体のツアーでお申し込みの方を除く)。
お席を立たれる際は、必ずお荷物を全てお持ち下さい。