よくあるご質問

よくあるご質問

ニュージーランドについては、次のようなページもご覧ください:
「一般情報」
入国&出国手続き、気候と服装、時差、通貨、両替、郵便、電圧、電話、飲料、チップ、ショッピング、レンタカー、タクシーの乗り方、旅行のご注意、ACCシステム 等

JTBブログ:http://blog.jtb.co.nz
JTBニュージーランドでは皆様のご滞在がより有意義なものになりますようブログにて生の情報をお届けしています。
ロングステイのお問合せ
Q:ニュージーランド英語はすこし訛ってると聞きましたが本当ですか?
A:ニュージーランド英語には、独特のトーンとアクセントがあります。例をあげてみますと「数字の8(eight)」が「アイト」、「David(男性の名)」は「ダイヴィッド」といった具合です。母音の「エ」は、イとエの間の音をつぶしたような発音です。「bed」は「ビェッド」、「10(ten)」は「ティェン」のように聞こえます。しかしイギリスからの移民が多いため、驚くほど訛っているわけではありません。
Q:ニュージーランドの治安はどうですか?
ニュージーランドというと、安全な国というイメージを抱く人も多いと思いますが、国全体の犯罪率は横ばいとはいえ、都市部での犯罪件数は上昇の傾向にあります。自己管理をしっかりし、油断しないことが大切です。また、空き巣やひったくりは多発しておりますので、最重要となる貴重品などは確実に保管するなどして下さい。車の外から物が見えるような所にバックや買い物したもの置いたまま駐車したり、カフェの椅子にバッグを置いたまま席を離れたりしないようにしましょう。また、性犯罪や麻薬犯罪にまきこまれないよう、一見して危険な雰囲気の場所や、夜道の一人歩きは避けるようにしてください。
Q:ニュージーランドで変圧器や電源プラグ用アダプタは調達できますか?
ニュージーランドの電力供給は230/240ボルト(50ヘルツ)で、ほとんどのホテルやモーテルには電気カミソリ専用の110ボルト/20ワットの電源コンセントが備え付けられています。電気カミソリ以外の電気機器で複数のボルト対応で無いものは、変圧器が必要です。電源コンセントは、アース付きの場合は三つまた、それ以外の機器は二またの形状です。日本のMDやヘッドフォンCDなど、小電力の電化製品に必要な変圧器はニュージーランドでも購入できますが、日本で買ってきた方が小型で安いでしょう。その場合「ハ」の字型の電源プラグ変換アダプタも一緒に買ってくると良いでしょう。ちなみにノートブックコンピュータの場合、電源(ACアダプタ)に入力電圧の記載がありますので、100〜240Vと書いていれば変圧器は必要ありません。
Q:ニュージーランドでは、トレッキングやハイキングのベストシーズンはいつ頃ですか?
アベルタスマン(Abel Tasman)、ヒーフィー(Heaphy)、クィーン・シャーロット・サウンド・ウォークウェイ(Queen Charlotte Sounds Walkway)など、南島北部に位置しているトラック(遊歩道)は年間を通して歩くことができます。一方、世界的に有名なミルフォード・トラック(Milford Track)、ケプラー(Kepler)やルートバーン(Routeburn)といった標高の高い位置にあるトラックは、降雪のため冬季は閉鎖されます。10月から4月までオープンするミルフォード・トラック、ルートバーン・トラックの両トラックには事前予約が必要です。
Q:「ファームステイ」とはなんですか?
現地の人々と触れ合い、ニュージーランドののんびりした田舎の生活を体験するには、ファームステイ、ホームステイが最適です。各家庭では、ホストの家庭料理を味わったり、農場の種類にもよりますが、牛の乳搾りや羊の毛刈り、子羊の出産、キーウィフルーツの収穫など、様々な農場の作業を体験できます
Q:「キーウィ」とはなんですか?
キーウィ(kiwi)とは、ニュージーランドの象徴にもなっている鳥です。毛のような羽に被われ、地中から虫をついばむ長く細いくちばしを持つ飛べない鳥です。ニュージーランドのみ生息するキーウィは夜行性で、自然の残る一部の限られた地域に生息しています。各地の動物園や野生動物公園には、特別な夜行照明をつけた見学用の飼育場があります。ぜひ滞在中にキーウィを間近に見学してみましょう。また、キーウィはニュージーランド人の愛称ともなっており、自らも「キーウィ」と呼びます。また、有名なキーウィフルーツ(果物)の略称も「キーウィ」です。証券取引所では、「ザ・キーウィ」とはニュージーランド・ドルのことを指します。
Q:ニュージーランドでは、夜を過ごすのにどんな楽しみ方がありますか?
特に大きな都市では、あちらこちらで聞かれる陽気なDJやバンド演奏によって、夜は賑わいをみせています。様々なナイトクラブやショーを楽しめる酒場、パブをはじめ、コンサートやパフォーマンスを楽しむことができます。また、オークランド、ハミルトン、クライストチャーチ、ダニーデン、クイーンズタウンにはカジノもあります。
はじめてご利用の方はこちら
ログインのページへ
現地スタッフブログ
会社概要 | 免責事項 | プライバシー | お問い合わせ | JTB Oceaniaサイトサイトマップ