お勧め・お出かけスポット

ニュージーランド生活基礎情報

タウポ

ニュージーランド最大の湖「タウポ」 ”
ロトルアから車で約1時間ほどのタウポは、1000年以上前の大噴火で出来たといわれるニュージーランド最大の湖です。湖ではヨット、水上スキーを始めとするウォータースポーツが盛んに行われています。また、タウポは世界的にも有名なトラウトフィッシング(ニジマス釣り)の本場で、フライフィッシングやトローリングによる釣りなども楽しめます。
“アクティビティーの楽園”タウポ周辺の見所

©Destination
Lake Taupo
「フカ滝」・・・タウポ湖から流れだすワイカト川にある滝。落差は僅か10mですが、轟音を響かせながら毎秒30万gもの膨大な量の水が流れ落ちる姿は圧巻。遊歩道も整備されており、そこから見る川は底が見えるほど水の透明度が高いのにも驚きます。
ここでのお勧めアクティビティーは「フカジェット」。猛スピードで水面を疾走し、フカ滝の近くで360℃の急スピン!スリル満点のアトラクションです。
また、このフカ滝の近くには温泉を利用したプロウンパーク(海老の養殖場)があり、ここでは海老バーガーやプロウンサラダなど新鮮な海老料理が楽しめます。茹でたて熱々の海老を、フウフウいいながらガーリックバターソースで食べるのもお勧めです。
「ワイラケイ地熱発電所」・・・ニュージーランド初の地熱発電所で、地熱を利用した発電施設としては、世界第2位の規模を誇ります。地表を覆いつくす無数のパイプラインや、ところどころ水蒸気を吹き上げる光景は迫力満点。ビジターセンターでは発電の仕組みついてのビデオ上映や、ガイド付ツアーもあります。
その他タウポ湖周辺では、高さ45mの高さからワイカト川に飛び降りる「バンジージャンプ」、上空からタウポやトンガリロ国立公園を巡る「シーニックフライト」、1920年代の蒸気船アーネスト・ケンプ号に乗って周遊する「タウポ湖クルーズ」などお勧めアクティビティーが満載です。