お勧め・お出かけスポット

ニュージーランド生活基礎情報

ワイポウアの森

“森の神”、“森の父”に出会う旅

©Destination
Northland
オークランドから車で約4時間程北に離れた太古の巨木「カウリ」が生息している森。カウリの起源は1億9000万〜1億3500万年前まで遡り、世界で最も古い樹木とも言われています。入植者によって多くが伐採され、数が少なくなってしまったカウリも、1952年に政府によって9105ヘクタールという敷地が保護され、ここでは昔と変わらず悠然と成長を続けています。
ここワイポウアの森では、国内で現存するナンバー1で高さが51.5m、樹齢1200年の「タネ・マフタ(森の神)」、そしてナンバー2の樹齢2000年、幹の周囲が16.41mもある「テ・マツアナヘレ(森の父)」に出会えます。
うっそうと茂る森の中で、真っ直ぐと空に伸びるこの2本のカウリの姿は、訪れる人々に神々しさすら感じさせます。
ここにはトレッキングコースがいくつかあり、整備もされているので、みなさん気軽に森の中の散策を楽しめます。
カウリガムとは?

©Destination Northland
カウリガムとは、カウリの木から出る樹液が土中に埋まり長い年月をかけて美しい琥珀へと生まれ変ったものです。
昔の人はこのカウリガムを燃料代わりにし燃やしたり、またチューインガムのように噛んで楽しんだそうです。ワイポウアの森に行く途中にある「カウリ博物館」では、カウリガムを始めカウリの伐採と保護の歴史、カウリで作られた貴重な家具などユニークな展示が楽しめます。