キャンピングカー体験談02:タウポ観光〜ロトルア観光

■タウポ観光
キャンピングカーがあれば、自由気ままに観光が楽しめます。全部は紹介しきれないけれど、 タウポで楽しめるお勧め観光を紹介します。
タウポ湖散策:
ニュージーランド最大の湖タウポ湖畔には、散歩道が整備されています。綺麗な景色を眺めながら散策。お金も掛からずのんびりしたい人向け。
タウポの街歩き: 
タウポ湖畔に広がる街はコンパクトで歩いて回るのに最適。お洒落なカフェやお店が並びウインドーショッピングを楽しめます。ワイン専門店で今夜用のニュージーランドワインを購入をしてみてはいかが?
バンジージャンプ: 
ニュージーランドはバンジージャンプ発祥の地。本場のバンジージャンプはタウポの郊外にある「タウポバンジー」で体験できます。 
フライフィッシング: 
タウポ湖は、世界的にも有名なトラウト(鱒)フィッシングのメッカです。いくつもの釣り船が出ています。
ジェットボート: 
高速ボートで川を疾走する「フカジェット」がお勧め。豪快に流れるフカ滝の滝つぼ付近の景色は圧巻です。
トンガリロ国立公園:
約1時間半南下すると世界遺産トンガリロ国立公園にもいけます。
■タウポ・ホリデーパーク〜ロトルア・ホリデーパーク
タウポーロトルアの走行距離:約80キロ / 移動時間:約1時間〜1時間半 タウポを出発して、ロトルアへ移動。移動途中にも地熱地帯や温泉などがあるので、下調べしておき、余裕を持って出発し 立ち寄りながら、移動するのも楽しい。
■ロトルア観光
ガイドブックを見ると「温泉」、「大地熱地帯」という文字が目にとまります。ロトルアを体感できるお勧め観光をご紹介。
ワイマング・バレー:
地熱活動によって見られる不思議な景色の中での散策が楽しめます。沸騰した お湯のように湯気を上げる世界最大の温泉湖「フライパン湖」や、コバルトブルーの湖面が美しい 「インフェルノ火口湖」など見どころ満載。
ポリネシアンスパ: 
ロトルア湖を望む絶好の景色が楽しめる露天風呂。入浴の際は水着をお忘れなく。(水着の貸し出しもあります)
アグロドーム:
羊の毛狩りショーや牧羊犬のショーを楽しめます。その他にも、丘を大きなビニール製のボールの中に入って一気に駆け下りる「ゾーブ」など1日中楽しめる総合レジャー施設です。
テ・プイア:
有名な地熱活動地帯で、約20メートルもの高さにまで吹き出る間欠泉「ポフツガイザー」はロトルアの名物観光スポット。
スカイラインゴンドラ:
ロープウェイに乗って、ノンゴハタ山の中腹の展望台まで登ります。展望台から望むロトルア湖のパノラマを お楽しみいただけます。展望台には展望レストランや、リュージュなどのアクティビティーもあります。
レッドウッドフォレスト:
巨大杉とニュージーランド原生のシダが生い茂る森を歩いてみてはいかがですか?マイナスイオン効果あり。
ヘルズゲート地熱地帯:
泥温泉エステと硫黄温泉の入浴で癒しのひとときをお過ごしください。マオリ族伝統のミリミリマッサージや泥マッサージもあります。
ワイオタプ:
タウポとロトルアの間にある地熱遅滞。天候により色を変えるシャンパーンプールの光景にうっとり。
■ちょっと足を伸ばせば ニュージーランド人が愛する街、タウランガにも行けます
ロトルアータウランガの走行距離:約90キロ / 移動時間 約1時間15分〜1時間半 キーウィリゾート(ニュージーランド人が憧れるリゾート)であるタウランガ、マウントマンガヌイは裕福な人々のセカンドハウスとしても賑わって います。マウントマンガヌイは細長い半島の先端にそびえる同名の山を有す美しい街です。キウィリゾートに寄ってみよう。
ホワイト島:
活火山島、ホワイト島へはヘリコプター又はボートで行く事ができます。エキサイティングな島の散策をお楽しみ頂けます。
イルカと泳ぐ:
透明度の高い海水と安定した気候、イルカの生態系でニュージーランド一の催行率を誇る。ぜひ、ご参加下さい。
キウィ360:
タウランガ郊外、テプケにあるキウィフルーツ農園。キウィの形をした乗物にのり、園内を見学。キウィの謎にせまります。
コンビタハニーセンター:
今話題の栄養満点のニュージーランド蜂蜜。ここでは製造過程のスライドショーで学べます。アクティブ蜂蜜やプロポリス製品なども豊富です。
ジェットボート:
原生林に覆われた川をスピード感溢れるジェットボートで走りぬけます。(ロングリッジファーム)
乗馬:
タウランガ郊外の美しい砂浜で、ビーチ乗馬が楽しめます。
ロトルア〜オークランド返却・感想
レンタル開始〜タウポ〜ホリデーパーク