キャンピングカー体験談01:レンタル開始・ホリデーパーク

■レンタル開始!!
まずは、オークランド空港から車で5分程の所にある、ニュージーランドで最大手のキャンピングカー・レンタル会社マウイ社に向かい ます。空港に到着すると、ガイドさんが笑顔で迎えてくれました。ガイドさんがマウイ社まで案内してくれるのでとっても安心。
レンタルに必要な書類を記入、手続きを済ませ、待合所にてキャンピングカーが準備されるのを待ちます。 人気のあるマウイ社のキャンピングカーはこの日も世界各国からのお客さんで賑わっていました。
名前が呼ばれ、ガイドさんと共に係員について行くとキャンピングカーが用意されていました。 一緒に名前を呼ばれたグループと一緒にキャンピングカーの利用方法についての説明を受けます。当たり前ですが、 全部英語で行われチンプンカンプンでしたが、ガイドさんが通訳してくれたので、問題なく理解できました。
準備も整ったのでいざ出発!!と行きたいところでしたが、約5年ぶりのマニュアル車、そして車体も大きいのでマウイ社の前の道でちょっと練習。 工場地帯の一角にあるので道も広く車も少ないので、練習には最適。
運転に慣れてきた所でいよいよ出発。
ガイドさんの車の後について、近くにあるスーパーマーケットにて食材やペーパータオルなど必要な物の買出し。 今晩はホリデーパークでバーベキューに決めていたので、ラム肉、ソーセージ、サラダ、果物、ビール、ワインなどを買いました。 ここでガイドさんとはお別れ。初めての経験で不安だったけどガイドさんがついてくれて本当に助かりました。不自由なくこれからの旅に向けての準備が整いました。
マウイキャンピンがーオフィス01 ■オークランド空港近くのMAUIオフィス。空港で出迎えてくれたガイドさんとチェックイン
マウイキャンピンがーオフィス02 ■正面カウンターでチェックイン
マウイキャンピンがーオフィス03 ■待合所
マウイキャンピンがーオフィス04 ■チェックイン時に受け取るトラベルパック、各地観光地案内の音声CD(英語)、地図、AA観光案内本(カラー、約660項)設備説明書、事故の時の対応法など
マウイキャンピンがーオフィス05 ■待合所には各地マップや無料のパンフレットが沢山
マウイキャンピンがーオフィス06 ■車両についての説明(合同)JTBガイドさんが同行しているので安心。
マウイキャンピンがーオフィス07 ■係員と共に自分のレンタルする車を確認
マウイキャンピンがーオフィス08 ■車両に荷物を積み込みます
マウイキャンピンがーオフィス09 ■出発!
■オークランドータウポの走行距離:280キロ / 移動時間 約4時間〜4時間半
目指すは、本日の宿泊地、ニュージーランド最大の湖がある街、タウポのホリデーパーク。モーターウェイと呼ばれる高速道路で すいすいとドライブ。高速道路といってもニュージーランドは無料なので、高速代などの心配もありません。また郊外に出ると余程 の事がない限り渋滞することもありません。見渡す限りの牧場には羊や牛が放牧されており、ニュージーランドにやってきたことを実感。 途中で休憩を取りながら、約4時間のドライブを楽しむとタウポ湖に到着。チェックインの際にキャンピングカーを停める パワーサイトの番号を案内されるので、ホリデーパークの地図を頼りにパワーサイトを探します。 パワーサイトにはキャンピングカー用のコンセントと駐車スペースが確保されているので、そこに駐車します。
■〜ホリデーパークとは〜
ホリデーパークとは、アウトドアの盛んなニュージーランドならではの宿泊施設です。キャンピングカーを利用する観光客が多い為、 キャンピングカー用のパワーサイトや、テントの貼れるスペースを提供するテントサイトが充実しており、それらの人が使う共同キッチンや シャワー、ランドリー、娯楽室なども完備されており、設備の整ったキャンプ場です。
ホリデーパークキャンプ場一例01 ■キャンプ場の一例:タウポ(4スター以上)
ホリデーパークキャンプ場一例02 ■待合所には各地マップや無料のパンフレットが沢山
ホリデーパークキャンプ場一例03 ■遠くにはタウポ湖が見えます。
■ホリデーパークでの過ごし方
ホリデーパークに到着したら、まずコンセントをつなげます。これで車内の電気系統設備が使えるようになりました。 キッチンのお湯やシャワー、コンロなどを使う場合は積み込まれているガスの元栓を開きます。これでキャンピングカーの全ての設備 の使用が可能です。トイレやキッチン、シャワーを使った場合、返却時の掃除が大変なのではと思っている方は、ホリデーパーク内 の設備を利用しましょう。キャンピングカーの掃除や汚物の後始末をしなくても大丈夫。 夕食は、ホリデーパークに備え付けてあるバーベキュー台を使ってラム肉を香ばしく焼きました。ラム肉とソーセージにサラダを添えて 本日の夕食の出来上がり。共同のダイニングスペースで世界各国の人達と団欒をしながら楽しむも良し、一緒に旅行している仲間と キャンピングカーの中で食事を楽しむのも良し。
ホリデーパークキャンプ場一例04 ■夜はバーベキューディナー
ホリデーパークキャンプ場一例05 ■ワインも一緒に・・・
ホリデーパークキャンプ場一例06 ■共同キッチン。地元の人との交流を。
タウポ観光〜ロトルア観光
まずはキャンピングカーの予備知識・準備